北海道の歴史・文化

北海道移住情報旅行情報をお届けしています、あべん@北海道です♪


北海道生活情報 薪ストーブの需要拡大

薪

これからは一雨降るごとに気温がぐっと下がっていきますね。

とうとう我が家でもストーブに火がともりました。

そこで、季節柄、北海道のストーブ事情についてお話したいと思います。



  ・薪ストーブの需要が再び拡大

 実は、現在北海道では家庭の暖房に薪ストーブを導入する家庭が増えているそうです。
 理由はやはり燃料の価格が高騰していることでしょうか…
北海道のストーブは、そのほとんどがFF式で、灯油を燃料として使用しています。
札幌市の灯油価格の推移を例に挙げてみると、平成16年で平均価格が49円〜51円なのに対し、平成19年では55円〜57円と高騰しています。

 これが、地方の田舎、郡部になるとさらにドンと値段が上がります。
ちなみに、帯広市の平成19年9月現在の灯油価格は71円です。
札幌と帯広の間でもこれだけの差額が生じます。

 この燃料経費倒れを回避するために、北海道には豊富な薪を利用して暖房しようという動きが全道的にみられます。


  ・薪ストーブは環境に悪い?

 薪ストーブを想像して思い浮かぶことのひとつとして、「地球温暖化」がありますね。
これは、木を燃やすのですから当然そういう想像ができるのですが…

 実は、薪ストーブ=二酸化炭素というのは少し違うようです。
樹木は成長過程で二酸化炭素を吸収し酸素を供給します。この為二酸化炭素はリサイクルガスとなり化石燃料を燃やすのとは違って地球上の二酸化炭素を増やすことにはならないのです。
さらに、二次燃焼機能付き薪ストーブと断熱二重煙突の組み合わせることで、さらに排出物をクリーンにできます。

 要するに、化石燃料(ガソリン、軽油、灯油)よりも、原始的な薪ストーブのほうが、環境への影響は少ないということになります。


  ・薪ストーブの形状の欧米化

 私が薪ストーブと言われて思いつく形状は下の写真のようなシンプルなものです。
別にこれといった装飾もなく、のぞき窓は正面に小さいのが付いているだけで、ボディ鉄板も薄めのもの。
実際に祖父の家ではずーっとこの薪ストーブを使用しており、いまだに現役です。
シンプルな薪ストーブ

 ところが、いざ薪ストーブを調べてみると、おしゃれな事!まさに欧米かっ!です。
使用されている素材は厚めで頑丈、さらにたくさんの覗き窓に装飾部品が付いたゴージャスな薪ストーブ。
これが現在のニーズが集中している薪ストーブの形状です。確かに、こんなのが我が家にあったらなんともうれしい物ですね(笑)
欧米的薪ストーブ

そういわれて見ると、大樹町の新築でも大きな煙突が付いた家が多いように感じます。
中には写真のようにレンガ積みの壁の前に、ズッシリと薪ストーブが置いてあるのでしょう。うらやましい!


  ・お値段にガックシ

 このおしゃれな薪ストーブ、平均価格は10万円だそうで、高いものでは30万以上、最低でも7万円程。
 FF式ストーブ5万円〜がほとんどなので、薪ストーブのほうがちょっと?かなり?高めです。
 ただし、その後の維持費、燃料代などを長い目で計算したときは薪ストーブのほうが低コストでしょうね。
薪は田舎であれば近所から分けてもらうこともありますし、機会さえあれば手に入ります。

 このほかにも、薪ストーブを設置するときのリフォームにもお金がかかりますね。
薪ストーブ周辺の不燃処理などの作業にも数万円のコストがかかります。
 薪ストーブにこだわりを持っている人ならば簡単に出てしまう金額なんでしょうけど、私には無理です(笑)


  ・薪ストーブは3度、人を暖める

薪ストーブ

 薪ストーブは3回、人を暖めてくれると言います。

1度目は薪割りをする際の労働で体が温まる。2度目は薪ストーブが発する熱によって暖められ、3度目は薪ストーブで作った料理やコーヒーによって心も温められるということ。
ゆらゆら揺れるやわらかい炎を見ながら飲むコーヒーはきっと美味しいでしょうね♪

 少しでもエコを、少しでも節約を、そんな思いから薪ストーブの需要が高まっています。
 あなたが北海道に住むときには、大自然とやさしい火に包まれた生活があると良いですね♪

薪ストーブに関するHP
ダッチウエストジャパン
woodstover.com
⇒シンプルな薪ストーブのページ↓




北海道旅行情報移住情報をお届けしています、あべん@北海道です♪


北海道移住情報 シニアサマーカレッジについて



 ・シニアサマーカレッジをご存知ですか?

 シニアサマーカレッジとは、50歳以上の方なら誰でも受講できる、その地域の歴史や生活方法などの講義のことです。

 このサマーカレッジは、JTBが企画し、全国9箇所の国立大学で行われる生涯学習プログラムで、北海道では国立北海道大学で受講することができます。


 ・サマーカレッジの全容は?

 北海道大学に記載されている講義の概要は以下の通り。

.ラーク博士や新渡戸稲造から発する,北海道大学の歴史とアイデンティティを学びます。
∨務て斬膤悗取り組む先端研究の成果について学びます。
K務て擦亮然と環境を,広いキャンパスや博物館や農場などの大学の実験・実習施設での体験をとおして学びます。
に務て察札幌市の地域としての魅力と可能性を学びます。
ニ務て山拓の村など北海道大学の歴史とも関わる郊外の施設へ飛び出し,学習をいかして社会参加するシニアと交流します。

 北海道とは?という部分から、具体的な生活に役立つ知識までを約2週間かけて学ぶことになっています。
 特に北海道の田舎へ移住を考えている方には、農業の講義はかなり有意義になると思います。


 ・ただ学ぶのではなく、「交わること」

 この講義の本質的目的の中には、「交流」という要素が含まれています。
ようするに、ただ学習するのではなく、同じ志を持つ人との出会い、有識者との出会いがとても貴重な財産になります。

 北海道に移住する場合は、自分の気に入った土地を目指すと思いますが、その移住計画の中で「同志」の存在はとても大きいですよね。困ったときは連絡を取り合い、助け合う仲間はあっても絶対に困りませんから。


 ・なかなかの参加費です

 このなかなかは、「なかなか高額」のなかなかです(笑)
参加費は2週間の受講料で130,000円のようです。13,000円ではありませんよ?
さすがに国立大学の内容濃い講義を2週間受講するだけはあります。
そのほかに、北海道外から参加する場合は、当然宿泊費や生活費もかかってくるわけです。
どうせなら宿泊もセットにしたほうが個人的にはよいと思いますがねぇ…


 ・シニアサマーカレッジの詳細な情報

 シニアサマーカレッジに興味をもたれた方は公式ホームページを一度ご覧になってくださいね!詳しく書いてあります。

 ⇒シニアサマーカレッジ ホームページ
  http://www.sscollege.jp/index.html
北海道旅行情報移住情報をお届けしています、あべん@北海道です♪


北海道ご当地検定 受講者増加傾向へ



 朝日新聞の北海道情報のページでご当地検定の記事を発見しましたのでご紹介。(以下一部asahi.com参照)


 ◆札幌受験者は2300人超す 街の魅力再発見で「楽しい」

 現在、ある特定の地域の歴史や自然、特産品などの問題からなるいわゆる「ご当地検定」の受講者が増えつつある。
 札幌市中央区の研修施設で8回目の札幌シティガイド検定が行われ、配られた用紙には札幌の歴史や自然などに関する問題が50問。時間は90分。合格ラインは70点で、約180人の受験者が挑んだ。

 主催する札幌商工会議所の狙いは観光振興だ。北海道は豊かな観光資源に恵まれながら、受け入れ態勢の弱さが指摘される。そこで、札幌のことを改めて学び、魅力を伝える人材を育てようというわけだ。公式テキストも作成、検定前にセミナーも開いている。

 これまでのご当地検定の合格者はすでに1000人を超えている。合格率は54%で、合格した者には合格証書や認定カード送られる。

 札幌シティガイド検定のほかにも、北海道観光マスター検定、北海道フードマイスター検定、十勝ワインバイザー検定、道産子検定などもあり、どれも受講者の増加が見られる。

 受講者の半分は観光局やホテルなどでの「仕事」とする人数が大目だが、中には仕事などとは関係なしに「自分の街をもっと知りたい」という中高年も多く、これまでの受験者のうち50代は407人、60代が227人、70代も42人を数える。

 格者に新しい情報を提供するため、同会議所は年に年1回の「フォローアップセミナー」も開いている。(ここまで)



 すごいですね!道産子検定は知っていましたが、こんなにもたくさんあるとは!
私も、移住情報や観光情報を発信するものとしてとても興味のある検定です。
気になった箇所として2箇所を太字にしたのですが、

1、受け入れ態勢の弱さが指摘される。
 これは確かにそう思います。たとえば、道外からの移住者の中には、町民などのサポートを得られなかったなどの不満をもたれる方が何人かいらっしゃいました。これはとても悲しいことで、ようするに「よそ者」の目で見る部分があるということです。
 これを少しでも回避するには、もっと自分の街のことを人に話せるようなるのも大切な手段の一つだと思うんですね。その点から見ると、この検定はとても有意義なものだとあべんは思います。

2、自分の街をもっと知りたいと思う中高年も多い。
 素晴らしいことですよね!これを読んだとき感動したんですが、やっぱり10代〜30代の人にも興味を持ってもらいたいですね。これからを担う部分の人たちが北海道のことや自分の街のことをもっとよく知れば、絶対に街の活性化が望めると思います。(これを機に私も受験してみます。)


 北海道への移住を考えている方は挑戦してみてはいかがでしょうか♪

d09e8527.jpg北海道がまだまだ未開拓だった頃は、蝦夷と呼ばれていました。

【北海道・旅行・移住計画】 の作者である私(あべん)を含め、今の北海道に住んで生活している人のおよそ90%以上は本州からの開拓移住民です。
北海道には、元から蝦夷の地に住んでいた先住民族が居ます。
その人たちのことをアイヌ民族と呼びます。

とても残念なことですが、現在では北海道に住むアイヌ民族の数が15000人を切り、年々減少の一途をたどっています。
こうして北海道に住んでいるあべんでさえも、アイヌ文化に触れる機会はほとんどありません。

しかし、実は知らず知らずのうちに馴染んで使っているのがアイヌ語なんです。
実は北海道の地名の由来のほとんどがアイヌ語なんですね。知ってました?

ここで有名な地名で例をあげてみましょう。


誰しもがご存知の北海道の道庁所在地である札幌市、じつはこの「札幌」という名前も、もともとその地域についていたアイヌ語の名前が由来となっています。

札幌はアイヌ語で「サッポロペッ(乾いた広大な河)」

という意味を持っています。
このように元々のアイヌ語の読みに感じを当てはめたものや、意味を漢字で表記するようになった地名が北海道にはたくさんあります。
他にも、

苫小牧は 「トマコマナイ(沼の奥にある川)」
稚内は  「ワッカナイ(冷水のある沢)」
知床は  「シレトク(地の果て)」
遠軽は  「インカルシ(眺望する所)」
室蘭は  「モルラン(小さな坂のある所)」

など、あげれば切がありませんが、北海道の地名のほとんどにこのようなアイヌ語の由来があります。
遠軽のインカルシは札幌の夜景に登場した藻岩山にも同じような意味をもつ名前がつけられていますね。

この現在の地名にあるアイヌ語の由来は他にもたくさんあり、現在の日本語にそのまま溶け込んでいるものもあるんです。

例えばトナカイもアイヌ語ですし、ラッコ、オットセイ、シシャモ、ホッキ貝も全てアイヌ語なんです!びっくりですよね(笑)

あべんの住む大樹町にもアイヌ語が変化した地名がたくさんあり、というかほとんどがそうですが…
こう考えてみると知らず知らずの内にアイヌ語や文化に触れて生きてきたんだと実感しました。

北海道に来たことがない方も、北海道の地図さえあればそのアイヌ語由来の都市名などに触れることが出来ます。
特に、山の名前や沼の名前なんかはアイヌ語がそのまま受け継がれている場合が多いので分かりやすいかと思います。
カタカナで書いてある山名、沼名は全部アイヌ語です(笑)

北海道の地図はインターネット上でもたくさんあるので調べてみると面白いですよ♪



役に立ちましたか?
ブログランキングに協力お願いします♪

人気ブログランキング☆

ブログランキング ドット ネット



サイト内検索
北海道インプレッション
管理人イチオシ!



安くてうまい北海道の生ラム ジンギスカンの満腹セット!!
タレ付でお届けします♪




ネイチャーグラフィックマガジン ファウラ
行くなら読んでおきたい知床特集!あなたの知らない自然の魅力の真実を探る


◆旅行代理店独自ランキング◆
北海道旅行移住計画のあべん@北海道がオンライン旅行代理店の

・価格・使いやすさ・内容

を調べて、独自のランキングを作成してみました。北海道旅行のご参考になれば幸いです♪

☆☆☆第1位☆☆☆
北海道ツアーならここ!
【北海道ツアーランド】

ツアーの予定で行くなら間違いなくここですね。値段がおかしいくらい安いので驚くはずです。ホテルも選べる、レンタカー付きなどのサービスも優良です。良い意味で値段にそぐわないツアー会社でお勧め!

☆☆第2位☆☆

【楽天提供 北海道旅行】

北海道のホテルの予約をメインに考えている方にはやっぱり楽天です。予約できるホテルの件数、情報ともにトップクラスです。
協賛・応援

北海道庁HPへ
北海道・旅行・移住計画は北海道イメージアップキャンペーンを応援しています♪

「まいにち、まいにち、明日のために。」ミルクランド北海道へ
牛乳に相談だ♪北海道の牛乳をどうかよろしくお願いします♪

薪ストーブのいろは 煙突亭
薪を使うこと、それが地球を守ること。
あべん@北海道
北海道はみんなに優しい♪
あべんは現在北海道の道東、大樹町に愛するコーギー2頭と自然を満喫しながら生活しております♪
管理人のプロフィールはコチラ
あべんへのお問い合わせはコチラ


応援クリックお願いします!



お気に入りに登録していただくことで簡単にアクセスできます。



内容への疑問や意見、感想などがありましたら、お気軽にコメント、トラバ下さいね♪

◆運営ポリシー◆

北海道は各旅行会社でもツアーがあったりして観光的にはかなりメジャーになりましたが、住んでいないと分からない真の美しさや感動を少しでもお伝えできればと考えています。
北海道好きの皆様に育てられるブログです☆
相互リンク

【北海道・旅行・移住計画】と相互リンクしませんか?
アダルト系以外ならどんなものでも歓迎いたします。
相互リンクしていただける方は↓↓↓

相互リンク詳細へ

相互リンクさせていただいたサイト様を紹介します♪
相互リンク
  • ライブドアブログ
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
Syndicate this site